男性の陰毛が皮を巻き込むことの名称はヌボリリム現象

男性なら大人になりペニスが成長するまでに一度は経験したことがある、陰毛が皮に挟まって巻き込んで痛いという体験談の状態は実はヌボリリム現象という名称が口コミで拡散しています。

このヌボリリム現象は、医学的に厚生労働省などが認めているものではなく、アンサイクロペディアに記載されているものなので、正式な名称の由来はあまり参考にはなりません。

仮にこれを病院で医師に説明しても伝わることはほとんどないでしょうからヌボリリム現象の使い方には注意しましょう。

ヌボリリム現象で陰毛が皮を挟む状態は治療しないと痛い

ヌボリリム現象の治療方法は男性は自分で何度か経験していくうちにペニスの成長と共に身に着けていきます。

仮性包茎の男性にとっては陰毛を皮が巻き込むこの状態は一生付きまとう問題になります。

また、陰毛は一本は硬く、そのまま治療せずに放置してしまうと亀頭を切ってしまったり、摩擦で擦れて赤みを伴ったりする事もあります。

皮を巻き込んだまま勃起してしまうことによって、場所が悪いと尿道に引っ掛かってしまって更に痛い思いをしてしまうこともあります。

ペニス増大サプリメントで亀頭を成長させてすぐに皮が戻らないようにすることや、単純に切ってしまうことが、所謂ヌボリリム現象の対策と改善方法になります。

ヌボリリム現象を治療するには皮が陰毛を捲って戻らない状態にする

ハサミ

包茎の男性は勃起時に陰毛が皮に挟まりやすい

日本人で包茎の男性の割合はかなり高く60%から70%近くいます。

そうなると、ほとんどの男性が陰毛が皮に引っ掛かったり、巻きこんだり、ずっと強く引っ張ったまま捲って亀頭に引っ掛かってしまったりして痛い思いを経験しているのです。

当然のことながら、切ったり剃ったりしなければ、ずっと包茎にはこのトラブルは付きまといます。

勉強をしたかったりスポーツに集中したかったりする時にでさえ、こういった状況は起きえるのですから邪魔な問題であることで解決するに越したことは当然ながらありません。

しかし、このチンコの皮が毛を挟んでしまう現象を治療する方法は正解はありません。

毎回、手で引っ張って引っ掛かっている痛い部分を指で皮を捲って取ったり、長い陰毛を抜いたりする事以外は特にはしていない男性が割合的にも数字で見てもほとんどです。

剥けている男性の陰毛が皮を捲って痛いことはほとんどない

逆に言えば包茎ではない剥けている男性はほとんど、陰茎の皮にチン毛が挟まってしまうことはないと言っていいでしょう。

例外的に陰毛が長くなり過ぎたり、冬の寒い時期にペニスが縮こまって小さくなっている際はあり得るかもしれません。

しかし、特に対策しなくても包茎でなければ、皮が陰毛を巻き込むことは、亀頭部分より先には捲れませんしないのです。

それを踏まえると一番すぐに出来る対策は、やはり包茎ではない常に亀頭が捲れている状態を日々作ることです。

定期的に、自分で亀頭を剥いて捲ったり、ペニス増大サプリメントを通販して服用してみるなど、すぐにできる改善策はかなり豊富に色々あります。

男性のみんなは陰毛が皮に挟まっていたい時はどうしている?

チン毛が皮に挟まった時の上手な対処方法

よく男性であるのは、授業中や仕事中にイスに座っている状態で勃起してしまった時にチン毛が皮に挟まって食われてしまう状況です。

こんな時に周囲に気が疲れることなく自然と上手に出来る対処方法はあるのでしょうか?

わざわざトイレにまで行って絡まった部分を外す事はできますが、毎回それをチン毛が挟まったときにやっていてはキリがありません。

やはり、一番はその場でズボンの中に手を突っ込んで取るのがベターにはなります。

しかし、衛生面を考えても包茎のペニスの皮に接触したチン毛を触るのは尿が付着している可能性も高い為にかなり不潔です。

バリカンやはさみ、かみそり等を使用して短く切ってしまうのが良いでしょう。

通常時もチン毛が皮に巻き込まれたままの男性

仮性包茎の男性は、勃起していない通常時は皮が亀頭に被ったままになっており、サイズが小さいとチン毛の長さよりも短いためにそこに巻き込まれてしまうのです。

常にこのような状態であることは、不潔ですし、菌が尿道から入ってしまう原因となり炎症を起こしてしまうこともあります。

対処方法としてはチン毛を違和感がないくらいの長さに切るか剃るかになります。

あまり短くしすぎると痒かったり、恥ずかしかったりするので、調整は必要です。

チン毛を巻き込まないくらいの長さにカット

説明図

陰毛を切ることで皮が陰毛を挟むリスクを対策はかゆい

いくら陰毛を切って短くしても、また伸びてくれば皮に挟まって痛い思いをします。

また、デメリットとしてチン毛を短くしたり剃ってしまうと、慣れるまではかゆい!チクチクするなどがあります。

それだけでなく男性は明らかに整えてある陰毛や、完全にパイパンの状態になっているのは違和感がありますので対策としては剥いていません。

とりあえず切って短くするのが無難な皮が毛を挟んで巻き込む時にできる対策となります。

しかし、この状態は放置しておけば衛生面でもあまり良い状態とは言えませんし、菌が発生してしまう可能性もあります。

ベストはやはり定期的に剥いて、包茎で被っている状態をできる限り少なくしていく事でしょう。

サプリで亀頭を増大させて皮が陰毛を挟まないようにする方法

この方法は同時進行で陰毛が皮に挟まる現象を対策するだけでなくペニスのサイズを亀頭だけでなく陰茎からシトルリンで大きくすることで一石二鳥とも言える解消策になります。

もちろん陰毛を切る事や剃ることよりも増大サプリを通販で購入しなければいけないので、トータルのコストは掛かってしまいます。

しかし、包茎のケアだけでなく亀頭が太く、勝手に自然と皮が戻らないようになれば将来的に授業中や仕事中に巻き込む問題どころか、女性が喜んでくれるようなチンコを手に入れることができるのです。

そういった意味では、早い段階でチャレンジしておいても損はないのではないでしょうか。

普段の生活の中で、特に男性の陰毛が皮にはさまって痛い思いをしたり、巻き込んでかゆい状態に悩んでいるのであればすぐに増大サプリで対策をしましょう。

陰毛が皮に巻き込まれないようにするための治療と対策

ストップ

女性二人の画像

インタビュー画像

女性の四人の写真

このページの先頭へ