ヒアルロン酸を注入するペニス増大手術の費用は?

ヒアルロン酸注入

はっきりいってペニス増大の手術の費用はクリニックによってだけではなく使用する成分によって様々です。

陰茎には、ヒアルロン酸を使用するか、コラーゲンやレディエッセ、アクアミドやバイオアルカミドやPRP幹細胞脂肪注入法などもあります。

また長径術や亀頭だけの増大手術など種類も名称も数え切れないほどあります。

まずは、手術の費用を計算する前に、内容がどのようなものなのかを把握しておかないと失敗してからでは後戻りはできません。

また数十万円のトータルの費用が掛かるオペではなく増大の手術と言っても、メスを使わずに切らないで注射だけで終わるものもありますので、本当に費用は実はピンキリなのです。

手術は3万円の注射から30万円の費用の切開オペまであります

自分がどのような手術をするかが明確になっていないと、クリニックなどでおすすめされるがままになって結果的に何十万円も費用が掛かってしまったということはよくあることです。

もちろん、ペニス増大サプリメントなどを飲んでも全く効果が出なかった男性や器具やトレーニングをしても満足できなかった方が最終的に辿り着くのが手術となります。

そして陰茎の手術とは言ってもクリニックでのオペは保険が適用されないものばかりです。

その理由は、生殖器としての機能を満たしていれば、実際、大きさは特に問題はないからです。

まずは、ペニス増大手術を行う前に費用よりもクリニックの信頼性や感想や体験談などの信憑性を確認しましょう。

高い手術ならOKなわけでもありませんし、費用が安いクリニックは安全性に問題がある可能性がほとんどですので、もう一度冷静に考えましょう。

ペニス増大手術は30万円お費用を払ってもやる意味がある?

仮性包茎の男性は手術を行うことで増大も可能?

包茎クリニック

仮性包茎の手術を行うことで、ペニスのサイズが大きくなった例は口コミや実際の体験談でも多くありますので、かなり信憑性が高いでしょう。

やはり亀頭部分が剥きだしなることで、単純に見た目的にも仮性包茎よりもペニスが理想の形にシルエットは近づきますし、増大していない通常時も下着と擦れる事で更に大きくなるケースもあります。

また包茎手術をしたことによって、陰茎の増大やサイズだけでなく早漏の問題もケアできるようになった男性の感想も多くあります。

仮性包茎を手術する事で精神面も一皮剥ける?

男性の中ではペニスを晒すような公の銭湯やサウナなどの場所では、サイズの大きい小さい云々の前に、仮性包茎であることに対してかなり長期にわたってコンプレックスを抱いている方は多くいます。

ですから、イチモツの手術を受けて剥けて仮性包茎が解消されることによって、やっと増大して一人前の大人になれたという感覚を持つ男性は、かなり多くいます。

当然、それに伴い手術の後は仕事だけでなく恋愛も成功率が高くなる可能性が、手術の後はあります。

そういった意味では増大や仮性包茎を手術する事はメリットがかなりあるのではないでしょうか。

仮性包茎の手術によって早漏の解消とペニスのサイズアップも

陰茎亀頭の増大手術によって通常時の見た目も改善できる

特に通常時のペニスの大きさが気になる方は陰茎亀頭が小さめであるケースがかなり多く、それを増大手術によって改善できると見た目の印象はかなり変わります。

陰茎亀頭のサイズアップができると男性のシンボルとしては、勃起していない通常時でもカリ部分が太く存在感が増します。

仮に根元の部分が細かったとしても、重量感がありますので通常時の大きさは陰茎亀頭のサイズが増大手術によってプラスになることでカバーできる事が多いでしょう。

年齢的にも40代や50代は増大サプリメントでは、陰茎亀頭の成長は効果ないでしょうから、最初から割り切ってこちらの方法を考えてみるのも手段の一つです。

増大手術の前の陰茎亀頭が小さいと貧弱な印象があります

どうしても通常時に陰茎亀頭が小さい状態ですと、包茎でなかったとしても皮が被っているような貧弱な感じが見た目ではしてしまいます。

お風呂で他人とペニスを比較する時に陰茎亀頭が張りがあるとそれだけで威圧感や存在感があることもわかります。

逆に勃起時は海綿体に血液が集まって膨張しているのですが、通常時はびっくりするほど小さいという男性もいます。

年齢の上昇と共に通常時の大きさの方が気になる男性も多くなり、陰茎亀頭の増大手術を受ける平均年齢はかなり高いと言えるでしょう。

陰茎亀頭の増大手術で勃起した時のカリの張りが出る

髪の毛

手術に失敗すると感度が悪くなるリスクも

オペ室

陰茎の増大手術に成功してサイズ的に大きくなったとしても、感度が下がってしまう失敗例もあるので注意しましょう。

今までと、挿入した時の感触が変わってしまったり、また射精をした時に違和感が出てしまうことも手術にはあるのです。

そういった意味でもペニスの増大手術はリスクがあります。

失敗すれば勃起不全になってしまったり、膣内射精障害になったりする可能性も少なからず、増大の手術にはあるのです。

手術の後の傷口の跡や縫い目が目立ってしまう

費用はどうしてもペニス増大の手術をすると数十万円掛かってしまうこともあります。

しかし、男性の大事な部分である陰茎のオペをする際の費用をケチってしまうことは、これから先の将来的にもかなりのリスクが高くなってしまいます。

サイズをアップさせなくても機能的には問題がない男性がほとんどですから、それを失ってまで手術をして大きくする必要があるでしょうか?

もちろん増大手術に成功すれば今までとは違う自分にデカマラで成れるという男性ならではの感想もあります。

手術をしたことで人生が大きく変化した体験談もありますし、女性に対してのアプローチも積極的になれたという声もあります。

ただし、実際に陰茎の手術で失敗をしてしまうリスクも少なからずあることを忘れてはいけません。

やはり、本来の目的は生殖器としての機能ですからそれを失う可能性があるリスクを持ち合わせる増大のための手術は、いくら日本でも最近は医師の技術が上がってから気軽に出来るようなものになったとしても慎重に判断しましょう。

ペニス増大の手術の費用が安い所は失敗する可能性も

女性二人の画像

インタビュー画像

女性の四人の写真

男優の画像

このページの先頭へ