ミルキングの正しいやり方と効果は?

ペニス増大のためのトレーニング方法の一つ、ミルキングとは?簡単に例えると牛の乳搾りをする際の動作を行うことです。

勃起している状態で小指から人差し指まで順番におっぱいを搾り取る感じをイメージして力を入れていきます。

このエクササイズを何度も繰り返して陰茎に刺激を与えていくトレーニング方法がミルキングです。

ミルキングのチントレ方法のデメリットとは

毎日ミルキングで陰茎の海綿体や毛細血管、周辺の筋肉を刺激するトレーニング方法はデメリットもありますので注意しましょう。

まず、不衛生な手で行ってしまうと尿道から細菌が入って炎症してしまったり、赤みやかゆみなどを伴うことがあります。

痛みが出たり、熱を持っていたりする症状が治まらない場合はすぐに病めて病院に行くようにしましょう。

またミルキングを行う方法での注意点は、力を入れ過ぎて陰茎の海綿体や毛細血管などを潰したり傷つけてしまうことです。

トレーニングの効果がなかなか出ないからと言って大きな力を加えてしまうと勃起不全や不感症などの要因となってしまうこともあります。

力を入れて握り過ぎるとミルキングは効果なし

手で陰茎を握るクランピングで増大トレーニング

クランピングと言う言葉をご存じでしょうか?ペニス増大トレーニングの一つとして海外でも話題になっている方法です。

まず言葉の意味として「握る」と言う日本語になりますが、手や専用の器具を使用して勃起時に数分間ペニスの根元の血管を抑えるやり方です。

クランピングをすることで止められていた血液が海綿体や亀頭部分に流れる事で大きくなるという理論です。

これは自宅でも自分で試すことができますので、まずはクランピングの器具やロープなどではなく自分の手で感覚を試してみましょう。

海外でもクランピングによるペニス増大トレーニングの効果は口コミがありますが実際にやってみて痛みがあるかないかで練習してみましょう。

エクササイズを継続する事で良い結果が付いて来れば、握る時間を徐々に長くしていきましょう。

クランピングはお金を掛けずにできる方法です

専用のコックリングはマイラップやグラスリングなどがamazonでも手に入りますが、まずはクランピングは自分の手で握って効果を試してみたほうが良いでしょう。

チントレは毎日やってもペニス増大の効果なし?

男性の陰茎部分は海綿体でできています。

その周辺の幕や繊維や筋肉を鍛えるトレーニングを毎日することは、仕組みがわからなければ効果なしで終わってしまいます。

いくら自宅で毎日の様に様々な方法を駆使しても直接的には意味がないのです。

しかし、ペニスの海綿体の周辺の筋肉(BC筋という球海綿体筋)を鍛えることはけして無駄になることはありません。

その理由は勃起する際の陰茎や亀頭部分の海綿体の膨張にはこのBC筋のパワーが必要になるからです。

この筋肉を正しいやり方でサイズアップはできなかったとしても勃起の硬さや回数などを鍛えることになるのです。

もちろん間違ったエクササイズでは毎日チントレを頑張っても無駄に終ってしまいます。

ペニス増大のための運動やトレーニングをする際には男性ホルモンを分泌するためのタンパク質やカルシウムやアミノ酸などの成分も必要になってきます。

また、睡眠をしっかりととることで筋肉を休ませることも大切なことです。

チントレを効果なしで終わらせないためには?

輪ゴムで血液を止めるペニス増大トレーニングは壊死の危険

陰茎の海綿体への血液の流れを輪ゴムで止めて、それを外すことで一気に血管を流すペニス増大トレーニングはかなり危険です。

失敗したり、放置してしまえば壊死してしまったり内出血やうっ血などの原因ともなります。

それは輪ゴムだけでなく紐で縛ってみたり、コックリングの長時間の使用でもかなり危険な方法になります。

万が一、外さずにそのまま寝てしまったりすれば紫色に変色をしてしまうこともあります。

性行為の際に輪ゴムで陰茎の根元を締め付ける事で挿入時間が長くなるという方法もあります。

これも同様に仮に一時的にそれができたとしても陰茎の海綿体や毛細血管や細胞に与える負担はかなりのものになってしまうでしょう。

輪ゴムできつく締めすぎると赤く後に残る

熱いお湯と冷たい氷水に交互にペニスを入れるトレーニング

古典的な漫画などで紹介されているようなお風呂で熱いお湯と冷たい氷水を桶に入れて交互にペニスを出し入れをするトレーニングがあります。

伝統的に空手家などが拳を硬く鍛えるという意味で行っている動画などもあります。

温度が急激に変わることで、血行を促進するという意味では効果はなくはなさそうですが、科学的に実証されたものではありません。

このやり方は非常に危険ですのでいくらトレーニングのためとはいえやらないようにしましょう。

火傷をしてしまったり凍傷となってしまう危険もあります。

それだけでなくペニスの毛細血管や細胞が痛んでしまうとEDになってしまう恐れもあるのです。

また、刺激に対して皮膚が強くなりすぎて感度が下がり不干渉や膣内射精障害などになる可能性もあります。

ペニス増大のトレーニングの一環だったとしても効果なしの方法は無駄に終わってしまいます。

熱湯と冷水でペニスを鍛えるエクササイズ

スクワットでPC筋を鍛えるペニス増大トレーニング方法

一般的にはペニス増大をするために必要なPC筋を鍛えるためにはスクワットが最適だと言われています。

これは自宅でもできる単純な運動ですが、間違ったやり方をしてしまうと背中や膝や腰を痛めてしまう原因になり兼ねます。

そうなってしまうとペニス増大のトレーニングをするどころか男性機能や健康を維持する事も失敗してしまいます。

スクワットは背中をまっすぐに伸ばしたまま肩幅まで足を広げてゆっくりと膝を曲げていきましょう。

正しいやり方なら一日何十回もやる必要はなく10回程度でも変化を感じることができるでしょう。

肛門を締める事でPC筋を鍛えるトレーニングに

会社や学校でもできるスクワット以外のペニス増大トレーニングの方法は、お尻の穴を締めてPC筋を鍛えるやり方です。

これは、お昼休みや休憩時間など気が付いた時にいつでもできるエクササイズです。

座った状態ではなく立って気を付けをして、10秒程度、お尻の穴に力を入れてギュッと締めたまま維持してみましょう。

丁度、お尻の穴から陰茎の間の部分が運動できていることがわかるはずです。

また陰茎が勃起している状態でPC筋を動かすトレーニングを行うことで、筋肉の動きを確認できます。

自分でオナニーをする際にも、何度か繰り返し行ってみましょう。

その際に陰茎の海綿体がお尻の穴の括約筋に力を入れてPC筋を動かすことで硬くなったり太くなっていることを確認しましょう。

この動作も毎日、気が付いた時にやるだけでもペニス増大だけでなく早漏改善や前立腺肥大の予防にも役に立つトレーニングになります。

PC筋だけでなくお腹や臀部の筋肉もペニス増大トレーニングには不可欠

このページの先頭へ