ヴィトックスの広告代理店の方とペニス増大サプリメントの商談

名詞2

このペニス増大サプリメントと言うジャンルは本当に情報が少なくヴィトックスやゼファルリンなど爆発的なヒットとなった商品はありますが、実際にはアフィリエイトをやる上ではかなり難しい部分があります。

その中でも模索しながら、どのような客層が購入しているのかや、どこからペニス増大と言う悩みを抱えた男性が広告を見つけてくるのか。

または、お客様のパソコンやスマホの割合などを知る機会はほとんどなく、ヴィトックスだけでなくペニス増大サプリメントの販売店や代理店の方と商談できる機会がないかと担当のASPの方にも密にコンタクトを取っていました。

ちなみに今は以前ほど販売数はありませんが、未だに売れている商品の一つであるゼファルリンの代理店との商談は何回かアプローチしたものの断られてしまいました。

日本国内にあるにも拘らず、そういったアフィリエイターとの交渉の場は設けていないようです。

ヴィトクスの代理店の方はネット広告業界の代名詞的ないでたち

定期的にアフィリエイトASPの方に商談を打診していたところ、運よく、ペニス増大サプリメントのナンバーワンと言っていいヴィトックスの広告代理店の方と商談ができるチャンスがありました。

見た目はネットビジネスの業界の代名詞と言えるようなカジュアルでタイトな服装にノートパソコンを抱えた30代から40代の見た目年齢に見える男性でした。

実際に購入層や広告を出している出稿メディアなどを聞いてみると意外な答えが返ってきました。

ヴィトックスの購入層は実は20代や30代がほとんどで40代以上はほとんどいないというもので、バリテインの代理店が言う50代や60代とは、実際は全く異なるものでした。

また、広告の出稿については現在は採算が合わずにほとんど行っていないそうです。

以前は男性向けの動画サイトや週刊誌やファッション誌などのメディアにヴィトックスの増大サプリの広告を代理店は出稿していました。

しかし、それによって売り上げが大幅にアップする事はなく止めてしまったそうです。

ちなみに、現在ヴィトックスの代理店の方との商談でわかったのは次のヒットとなるペニス増大サプリの商品を仕込中だそうです。

ヴィトックスの次に売れるペニス増大サプリを開発している代理店

バリテインの広告代理店の増大サプリの話は全然ヴィトックスとは違いました

名詞2

ペニス増大サプリメントのバリテインの広告の代理店の方とは、ヴィトックスとは異なりASP主催の忘年会にアフィリエイターではなく広告主として参加していました。

他の広告主とは全く異なる服装の方で、薄い色の入った眼鏡をしていてストライプのスーツを着ている方でした。

けして、それは親しみやすいとは程遠い職種の方と見間違えてもおかしくないようなバリテインの代理店の方でした。

バリテインの代理店はスーツに色つき眼鏡の強面の風貌

そこでペニス増大サプリメントの話をしてみるとヴィトックスの購入層とは全く異なり、40代後半から50代がメインとなっている年齢層と言う回答でした。

また驚くことに精力増強剤でも良いし、勃起薬でもいいし、とりあえず中高年のデカマラになりたい男性をターゲットの客層にしてあれば良いという話でした。

その理由としては価格が高いため、20代や30代のお金がない層にはヴィトックスやバリテインなどの陰茎の増大サプリは購入できないということでした。

確かに一箱一万円近くする価格のものを何カ月分も購入するにはある程度の給料が確保されていないと無理でしょう。

ペニス増大サプリメントのバリテインとヴィトックスの公式サイトを見て比較すると代理店の話の意味が解ります。

年齢層のターゲットに対して解りやすい作りになっているのが特徴になるのではないでしょうか。

ヴィトックスとバリテインの購入層の年齢を比較

ヴィトックスやバリテインの広告代理店のペニス増大サプリのライバルは?

様々な種類のペニス増大サプリメントがヴィトックス以外にも存在します。

ほとんどが自社生産ではなくOEMですので、名称が変わろうともメガやアルファ、またはEXなどが付こうが基本的な成分は改良されることもなくほとんど変わりません。

それを考えると増大サプリの代理店との商談でもあったように次のヴィトックス以降のヒット商品を作る方法はどれだけ広告を上手く活用できるかになってくるのではないでしょうか。

ヴィトックスやゼファルリンなどと比較してもライバルと言えそうなペニス増大サプリメントは既存ではバリテインやベルタミン以外にはボルギア3くらいになってくるのではないでしょうか。

それ以外にもイチモツに関する商品数は沢山ありますが、代理店が怖いのは大手の製薬会社がこの業界に参入することがあると全てコマーシャルなどで持っていかれる可能性があるということです。

ヴィトックスを転売されると困る代理店

ペニス増大サプリメントのヴィトックスの代理店の方との商談で話題になったのが、アマゾンでの転売です。

通常の価格よりも安く転売して利益を出しているバイヤーがいます。

流行の物であれば何でも手を出すので、代理店が困っているのはヴィトックスをアマゾンや楽天で転売している層です。

実際には、五箱などをまとめ買いをしてそれを一箱あたりに1,000円位のプラスの利益が出るように転売します。

多くのアフィリエイターをASPに持つヴィトックスの代理店は転売を目的とするまとめ買いに関して注意をしていますが、これが現状もamazonでペニス増大サプリメントを検索するとゼファルリンやバリテインと並び販売されています。

転売目的でヴィトックスをまとめて購入してamazonで売り成果を得る方法

女性二人の画像

インタビュー画像

女性の四人の写真

男優の画像

このページの先頭へ